コメントへのスパム多量につきURLの入力を禁止中

httpsは未対応だけど、個人情報をいただくことはないので問題ないと考えます。

検索分類「淺井祐介」 HIT数:83件

現在表示:1件目〜10件目
<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 >>

最新記事表示
確率不明
2021年5月14日(金)8時01分
東京音楽大学
2021年5月13日(木)20時48分
ランドマークタワー
2021年5月11日(火)7時41分
KAAT
2021年5月10日(月)21時32分
ブラフ18番館
2021年5月8日(土)21時42分
カスヤの森現代美術館
2021年5月8日(土)21時02分
横須賀美術館
2021年5月8日(土)20時09分

最新レス
多摩美大
(WilburFruct)12/26 04:59
最大望遠
(Ciel)09/11 20:37
最大望遠
(Ciel)09/11 18:52

2021年2月20日(土)20時17分
分類:淺井祐介 [この記事のURL]
■『池袋モンパルナス2.0』スピンオフ企画『山彦と水面鏡』
■ 淺井裕介、高山夏希、松井えり菜、村山悟郎
■ 2021/2/20(土)〜2021/2/27(土)
■ ターナーギャラリー

ビデオを見て、記録集を購入。
記録集は対談、作家の過去作の紹介もあり豪華。
ここでの購入特典、松井えり菜さんの王様ウーパーが描かれていた。






2021年1月16日(土)11時25分
分類:淺井祐介 [この記事のURL]
■ 『じねんのいのち』
■ 2021年1月15日(金)-1月31日(日)
■ CADAN有楽町
■ 淺井裕介、岡本秀、黒宮菜菜、品川亮、谷川美音、松平莉奈、矢野洋輔

京都のFINCH ARTS主催のグループ展
京都のアーティストに淺井裕介が混じっていると言うことで見てきた。

写真は、谷川美音の漆塗りの作品、漆独特のつや感が美しい。

淺井裕介さんの展示場所では、赤が美しい作品が中央に2枚展示されていた。
ターナーで見たマスキング生物が、『森の家族』として展示されていた。青の模様が凜々しい。












2021年1月9日(土)10時00分
分類:淺井祐介 [この記事のURL]
3階、4階は多くの作家がU-35を使った作品が展示された。
静物、風景、マンガ的、抽象、どんな用途にも使える万能性をアピールしている作品群だった。
なかでも、哀愁ただよう青いカエルの背中が印象的な朝食風景がよかった。

■ 池袋モンパルナス2.0
■ #ターナーギャラリー
■ 2021.1.16まで
■ #淺井裕介 #高山夏希 #松井えり菜 #村山悟郎

制作風景を2回拝見した、4名の合作が完成形になった。
作品が描かれたパネルは取り外しができ組み替えができる。
後悔制作のときに見た要素、その後から加えられた要素、配置替えにより生まれた新たな繋がり、作家の個性をパズルにしたようで見応えがあった。


2020年12月30日(水)20時27分
分類:淺井祐介 ART [この記事のURL]
■ 『Painting Folding』
■ 村山悟郎
■ 2020年12月19日(土)〜2021年1月16日(土)
■ Takuro Someya Contemporary Art

古い民芸品のような立体作品が印象的、細部にはペイントで見る精緻な模様が美しく、形状は何かのミイラのように感じた。
移動2時間、滞在30分だけどきてよかった。








2020年11月28日(土)15時00分
分類:淺井祐介 [この記事のURL]
■ 池袋モンパルナス2.0
■ 2020.12.16まで
■ ターナーギャラリー

松井えりな
だいこん、ねこ

浅井祐介
合間に小物も作っている。


2020年10月25日(日)17時37分
分類:淺井祐介 [この記事のURL]
■ ピュシスとピュシス − テープと旅のドローイング
■ #淺井裕介
■ 会期:2020年10月22日[木] – 12月27日[日]
■ 営業日:木、金、土、日(11月3日[火・祝] 11月23日[月・祝]は営業)

淺井裕介の新作、箱根、庭園美術館、ここと、3カ所で作品を見ることができる。
箱根から続くような赤いテープで生まれた生物がが印象的、作品のある床面に入ることもできるので、様々な角度から作品を鑑賞できる。

X1D +HC100 andXCD21






2020年10月22日(木)7時24分
分類:ART 淺井祐介 [この記事のURL]
■ #生命の庭 ー8人の現代作家が見つけた小宇宙
■ #青木美歌 #淺井裕介 #加藤泉 #康夏奈 #小林正人 #佐々木愛 #志村信裕 #山口啓介
■ 2021.1.12まで
■ #東京都庭園美術館

8名の作家が共通のテーマで作品を展示。
青木美歌のガラス作品、根のような血管のような表現に生命を感じる。
薄陽に透けて美しくたたずんでいた。





2020年9月20日(日)10時15分
分類:淺井祐介 [この記事のURL]




■ #西丸震哉記念館
■ #淺井裕介
■ 山と人
■ 2010-2013年の作品

天井まで続く大きな壁画。
西丸氏のイラストを模写にも画家のオリジナリティを感じる。
作品が剥落してきて、なにか生まれでたようだ。


2020年9月20日(日)9時00分
分類:淺井祐介 [この記事のURL]




■ #大町エネルギー博物館
■ #淺井裕介
■ 2017年の作品

前回訪問時は冬季休館で中を見ることができなかった。
プラネタリウム会場の横の作品を見ることができた。
外の作品よりも穏やかに感じる雌雄?の生物が印象的だ。




2020年5月31日(日)14時00分
分類:淺井祐介 大小島真木 [この記事のURL]
一枚の絵の力
PROJECT501(ビラビアンカ501)

胎内めぐり ドゥオ
大小島真木@Ohkojima


赤い花は、木瓜か花椿?
画家特有の主題が融合する絵画である。

日々変化して時々光る
淺井祐介@asai_yusuke


冨安由真
Stranger In The Sun



←04月 2021年05月 06月→
26 27 28 29 30 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 1 2 3 4 5 6
スペースでAND検索
作者
管理者:Ciel
メールアドレス:webpage@cielworks.com
ホーム

MS-Optics Lensのページ

注意
まとめサイトなどで画像の無断利用が散見されます。リンク先の紹介があっても無許可での掲載はお断りしますので、画像を利用したい場合は、こちらに連絡をして下さい。

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 >>

nik6.61