コメントへのスパム多量につきURLの入力を禁止中

httpsは未対応だけど、個人情報をいただくことはないので問題ないと考えます。

検索分類「宮崎光学」 HIT数:327件

現在表示:1件目〜10件目
<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 >>

最新記事表示
確率不明
2021年5月14日(金)8時01分
東京音楽大学
2021年5月13日(木)20時48分
ランドマークタワー
2021年5月11日(火)7時41分
KAAT
2021年5月10日(月)21時32分
ブラフ18番館
2021年5月8日(土)21時42分
カスヤの森現代美術館
2021年5月8日(土)21時02分
横須賀美術館
2021年5月8日(土)20時09分

最新レス
多摩美大
(WilburFruct)12/26 04:59
最大望遠
(Ciel)09/11 20:37
最大望遠
(Ciel)09/11 18:52

2021年1月28日(木)7時46分
分類:宮崎光学 [この記事のURL]
本文をチェックして満足していたら、タイトルの修正を忘れる。何かを満たせば何かが落ちる。
万事上手くいかせるには、修行が足りないのか。

Leica-T +MS-19/8


2021年1月25日(月)7時47分
分類:ライカTL/SL 宮崎光学 [この記事のURL]
バタバタして週末が終わり、また働くのだ。
今日も出勤。

Leica T +MS-DAGOR 6.3/40


2021年1月5日(火)7時37分
分類:宮崎光学 [この記事のURL]
19mm
2群2枚の暗くて割り切りに満ちたレンズ。お値段ももう少し割り切りが欲しいが、距離計連動などもあるため5万円と少しする。
レンズ本体のカメラからの飛び出しは2mm程度で着脱に難があるほどに薄い。
大判用レンズ、ハイパーゴン(F32と非常に暗い)のオマージュで、35mm向けにするにあたり、実用F値が8まで明るくなっている。それ以上に絞りを開けると2.8まで明るくなるが、この状態では全面にハロがでて実用には向かない。
このような特性はは、一般流通製品では実用のF8スタートになるところを、あえてF2.8まで使えるようにしてあるのは、MSレンズの遊び心と思われる。

このレンズもコンパクトなのでAPSCセンサー機で遊ぶのが楽しい。

24mm
最近のMS広角レンズは、ガウス型で明るくなったが、開放ではぼんやりしてた写り、絞っても旧レンズのような切れがない。特に周辺部の写りなどはまったく期待できないが、中心部の良いところを使うとそこそこ使える。周辺画質を優先する場合、ガウス型ではどうしようにもない現実を見せてくれる。
であれば、光量が落ちてもPERAR 24mmのほうが実用性があると思われる。

28mm
MSガウス型の元祖で、微修正を重ねて大きく3種のバリエーションがある。レンズ外観色に関しては漆塗り、カラーバリエーションとおそらく10種以上あり、何本かはコレクター根性で買ったが、多すぎて途中で諦めた。
光量が落ちてもPERAR 28mmのほうが実用性があると思われる。
ガウス24mm同様に周辺が乱れる古いレンズの特徴を克服できていない。デジタルで使う場合はAPS-Cでの運用が無難と考える。

40mmx2

プロターとダゴナー、レンズ構成はほぼ同じだが、ダゴナーのほうが抜けが良い。
同じようなレンズがあったとき市販品は性能の良いほうをリリースするが、両レンズをリリースするところが宮崎さんらしい。

p50mm
ペッツバールのオマージュというこころみは多くあり、宮崎さんがどう料理するのかと思ったが、標準レンズの焦点距離にしたためか、グルグルボケの薄い普通のレンズになってしまった。その反省からかバリオシリーズを生むことになる。

vp50mm
ペッツを可変にしたレンズ。
varioと付いているが、一般的なズームレンズのように大きく焦点距離が変わるわけではなく、レンズ後群を少し動かして、収差を変動させ写りの変化を楽しむ機構である。
レンズを移動させるため、標準位置はライカの二重像合焦に対応しているが、それ以外の位置は距離計連動しなくなり、無限も出なくなるのでミラーレス専用となり実用性は薄い。また、可変機構がレンズ内側にあるため、変更するためにはレンズを取りはず必要があるところも、実用性の低さの一つである。

v57mm
キノプラズマートへのオマージュレンズ。
可変帰港を最初から考慮しているため、レンズをカメラに取り付けたまま可変機構を使うことができる。
このレンズもオリジナルの特徴は、グルグルボケだが、このレンズは端正に写る。


50mm
ガウス型を採用して、F1まで明るくなった。
コンパクト設計と言う軸は維持されており、ノクチルックスに比べると、重量1/3、体積半分程度と圧倒的に小さい。前面レンズは鏡筒幅とほぼ同じで、設計者の執念を感じる。
ゾナーのF1.1のほうが写りに色気を感じる。

55mm
古典レンズ型へのオマージュシリーズ、エルノスタータイプを標準焦点距離で実現したレンズで、F値は明るく1.2を実現している。開放は明るいけれどボケボケで用途が限られる。
F2.8くらいから実用になる、この明るさなら、昭和初期の標準レンズであり、それほど特筆するべきものはない。





2020年8月11日(火)21時28分
分類:X1D 宮崎光学 [この記事のURL]
昼休みに外に出て死にそうになる。

このレンズは、44x33をほぼカバーしている。33x33だと余裕。

SONNETAR 75/1.3




2020年8月6日(木)21時13分
分類:X1D 宮崎光学 [この記事のURL]
ずり落ちそうになって、踏ん張ったら、体を痛めた。

#萩錦酒造
からくち純米・土地の詩・夏限定版
ラベル:大小島真木

今年の夏ラベルが販売されている。静岡の蔵本に行きたいところだが、時間的制約により通販。

X1D +ISM 1.0/50-GA




2020年8月5日(水)23時59分
分類:X1D 宮崎光学 [この記事のURL]
X1D +ELNOMAXIM 55/1.2

2020年8月4日(火)23時59分
分類:X1D 宮崎光学 [この記事のURL]
X1D +ELNOMAXIM 55/1.2




2020年8月3日(月)20時51分
分類:X1D 宮崎光学 [この記事のURL]
宮崎光学の新レンズ。
ELNOMAXIM 55/1.2
44x33センサーの場合、33x33ではギリギリ使える。

X1D +ELNOMAXIM 55/1.2




2020年6月21日(日)22時01分
分類:X1D ライカC/D/Q 宮崎光学 [この記事のURL]
そういえば、アベノマスクが届いた

Leica Q2(上2枚)
X1D +MS-APORS 2/24








2020年2月7日(金)21時53分
分類:宮崎光学 [この記事のURL]
Leica M10 +MS-ISM 1/50GA





←04月 2021年05月 06月→
26 27 28 29 30 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 1 2 3 4 5 6
スペースでAND検索
作者
管理者:Ciel
メールアドレス:webpage@cielworks.com
ホーム

MS-Optics Lensのページ

注意
まとめサイトなどで画像の無断利用が散見されます。リンク先の紹介があっても無許可での掲載はお断りしますので、画像を利用したい場合は、こちらに連絡をして下さい。

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 >>

nik6.61